スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
たまには車の話をしよう
基本的に車好きです。

よく車関係のblogとか掲示板とかニュースとか見てます。
そこで、こないだちょっと気になったのが「樹脂インマニ」。

車に興味が無い人には全く関係ないようなパーツなんですが、一応説明すると、車のエンジンに空気を送る(というか、エンジンが空気を吸う)為の管です。インテークマニフォールドという名前で、略して「インマニ」と呼ばれる事が多いです。

逆にエンジンが外に空気(排気ガス)を出すための管をエキゾーストマニフォールド、略して「エキマニ」といいます。

気になったのが、こないだどこかのblogだか掲示板だかに書いてあった
「インマニが樹脂でできてるのがムカつく。こんな所までコスト削ってるんじゃねぇ!!」といった感じの言葉。

インマニの素材としては昔は金属が多くて、今は樹脂製が増えています。
多分、樹脂製のを見て「樹脂なので金属より安い」→「安いので性能が悪い」→「コスト削減かよ!」という理論に至ったのかと。

でも、まぁ、ぶっちゃけ、樹脂製の方がいいと思うんですけどね。
金属製だと重いし、鋳造なので、中は結構ザラザラしてますし、エンジン内の熱を受けやすかったりします。
樹脂だと軽いし、中は結構つるつるしてるし、複雑な形も作れたりします。

いいことずくめに思える樹脂でも金属より割れやすかったり、熱に弱いのでなかなか採用できなかったりするのですが。

結局何が言いたかったかと言うと、「金属から樹脂に変わったからと言って必ずしも性能が低下するわけではない。向上する事もある」ということです。

それだけ。
スポンサーサイト
【2008/04/05 00:57 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<車のトラブル | ホーム | パスタとラーメン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/74-37f74f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。