スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
SONY SRS-A3 (PC用スピーカー)導入
さてさて、昨年末に液晶モニタを B2409HDS → XB2380HS に変更したのですが( 参考:最近の低価格IPS液晶B2409HDS vs XB2380HS )、その際、スピーカーの質が低下してしまいました。
スペックは同じ総合出力2Wでも、音がチープなのです。
例えるなら、FMとAMくらい違う感じ。

ケーブルTVを見ているだけでストレスが溜ります。それくらいチープ。
仕方が無いので、適当なスピーカーを購入する事にしました。
選定基準は以下の通り。
  1. 安い
  2. コンパクト
  3. それなりの音質
これに該当したのが、以下の3商品。
Creative の Inspire T10
SONY の SRS-A1, SRS-A3

結局購入したのは SONY の SRS-A3 でした。
Creative のT10は評判も良く、値段も手頃だったのですが、私の中で音響メーカーとして SONY > Creative であったため、SONYを選びました…結構悩みましたが、それが決め手です。
T10は総合出力も高くよさげだったんですけどねぇ…
まぁ、 T10 は SRS-A3 に比べ「ACアダプタが大きい」とか、「本体が大きい」、「SRS-A3の方がデザインが良い」という点も選ばなかった理由です。

SRS-A3 と SRS-A1 が残ったわけですが、大きな音を出す予定が無いとは言え、現状が総合出力2Wですから、それよりは高出力なものを選びたいところです。
ということで、 T10 程の高出力は不要ですが、 SRS-A1 では出力に不安がある…ということで、間の SRS-A3 を選びました。

基本的にPC+ケーブルTV視聴用のスピーカーなので、そんなに高出力はいらないわけです。
高出力が必要な場合は、消費電力が大きいので最近滅多に使わない AVアンプ + それなりのスピーカーを使うのでそこそこ使えるものであれば良いのです。

そして、SRS-A3を導入。
最初に気になったのは ACアダプタの高周波音(笑

今、モニタの下にタップを置いて、そこから電源をとっているのですが、ACアダプタをつないだ瞬間からうるさいことうるさいこと。
最初、スピーカーの質が悪くてノイズが出てるのかと思いました
スピーカーの方は、電源ON、無音状態でボリュームをMAXにしても 特に雑音が出る事もなかったのですが。

さて、ようやく使用感を。
まず、第一印象ですが、「音が薄っぺらい」と感じました。
思っていたよりチープな音。しかし液晶モニタの音よりは断然マシです。
あとは、なんだかこもったような音がします。これは予想外。
このこもった感じは多少ボリュームを上げるとマシになりました。
ちなみに、イコライザの設定は完全フラット。
何もいじらない状態での感想です。

丁度007特集をやっていたので2本程映画を鑑賞した所、やはりXB2380HS付属のスピーカーに比べると雲泥の差です。
細かな音も聞き取りやすいですし、臨場感も良くなりました。 非常に良い…ですが、まともなアンプ+スピーカーに比べると全体的にチープな感じは否めません。音に厚みが無いというか、軽いというか、音がザラついているというか…
今、聴いている限りでは、「TV用」としては良いのではないか?と。但し、「音楽鑑賞用」としてはとても良いとは思えないレベルです。

良いスピーカーで好きな曲を再生すると、それだけで幸せになれるのですが、このスピーカーではとてもそんな感じはしませんでした。

まぁ、それらは3000円未満のスピーカーに求めるものでもないので、 結局のところ、値段相応だと思います。
この音を聴いて、ある程度の値段以下のスピーカーの音質は大差ないのではないかとなんとなく思いました。
次買うなら、SRS-A1の方を買うかなぁ。
スポンサーサイト
【2013/01/03 06:26 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<XB2380HS レビュー | ホーム | iPod + gtkpod + Linux>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/279-e8aee000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。