スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
iPod + gtkpod + Linux
新年早々手間取ったので備忘録がわりに。

事の発端は、iPodの曲を更新する際に「そろそろ MP3 ではなく AAC を使ってみよう」と思い立ってしまったのが原因。
faac を入れて WAVE → AAC に変換してみるも、gtkpodでの登録時に「不正な形式」と怒られてしまう。
ffmpeg を使って変換しても同様の結果。
変換後の aac ファイルを調べてみると
MPEG ADTS, AAC, v2 LC, 44.1 kHz, stereo
と表示されている。
う〜ん、ちゃんと AAC に変換されていそうなのに何故?

AACフォーマットの内容をよく知らなかったので、色々調べてみると、今回作成されているのは AAC ADTS というフォーマットらしい。
で、iPod に書き込もうと思ったら AAC ではなく M4A 形式にするとのこと。

なんとなく、音声フォーマットは一緒で、ヘッダだかコンテナだかの作りが違いそうな事はわかった。
問題はどうやって変換するか?だ。

Google先生に色々聞いてみても、なかなか思った通りの回答を得ない。
「afconvert を使う」というページはいくつか見たものの、検索結果は Mac ばかりで Linux で実行した例を見付けられず。
またそのような名前のパッケージ等も見付けられなかったので、 まぁ、手持ちのツール(ffmpeg)でどうにかやれば出来るのだろうと思い、やれる事を試してみる事にする。

M4A形式と言う事は、なんとなく音声だけのMP4を作れば良いんだろうな…と言うことで以下のように実行してみた

ffmpeg -i audio_01.wav -vn -acodec libfaac -ab 192k -f mp4 audio_01.m4a

audio_01.wav → 192kbps の audio_01.m4a (AAC形式) に変換
結果、これでOKだった。

その後、なんとなく faac のオプション一覧などを見ていると

faac -w audio_01.wav

でも良い事がわかった。
-w でMP4コンテナ形式にしてくれるとのこと。
そりゃそうだよな。最初からその手のオプション用意するよな…
しかも上記の通り出力ファイルを指定せずにエンコードすると、
wオプションあり: audio_01.aac
wオプションなし: audio_01.m4a
と、見事に素敵な拡張子をつけてエンコードしてくれた。最初にこっちに気づいていれば…(涙

ちなみにこの時のファイルは
ISO Media, MPEG v4 system, version 1
こんな感じ。

更に更に調べると、 ffmpeg のオプションに -absf aac_adtstoasc を渡すとなんか素敵な結果になる事がわかった。
そのオプションをつけて変換すると
ISO Media, MPEG v4 system, iTunes AAC-LC
こうなる。

なんかこっちの方が素敵な感じがするけど、既にファイル作成は終わってしまったし、「ISO Media, MPEG v4 system, version 1」でも問題なく iPod Shuffle で再生出来たので今回はこのままにする事とした。
次回以降に試してみたい。


いや〜、ほんのちょっとでも新しいものに挑戦しようとすると毎回時間がかかるなぁ…
たったこれだけの事を調べるのに4時間くらいかかってしまった…
もう夜も明けるので、新しい曲を入れたiPodを持ってジョギングにでも行ってこようかな。
スポンサーサイト
【2013/01/02 05:53 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<SONY SRS-A3 (PC用スピーカー)導入 | ホーム | 所謂「あけおめメール」について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/278-ee32bcd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。