スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
SSD
2週間くらい前に購入したSSDをようやく使いはじめたのでその記録。

動作環境
OS:Debian GNU/Linux sid
CPU:Intel Core i7 860(2.8GHz)
Mem:DDR3-1333 8GB
SSD:Intel SSD 330 60GB(SATA3.0)
HDD:Maxtor 6V300F0 300GB

この状態で、SATA2接続のHDDからSSDに乗り換えると、OSの起動時間(BIOSチェック時間は除く)が
23秒 → 13秒 と10秒程短縮された(各値はn=5 計測での平均値)
また、ログイン時の処理、ログイン後にブラウザ(Firefox 12)を立ち上げた時の速度も明らかに速くなっている事が体感できる。

実際に速度を計測してみると
SSD → 250MB/s
HDD → 60MB/s
(共にリードのみ比較)

と約4倍の差が出ている。

ちなみに、このSSDはSATA3.0で接続すると400MB/s以上の読込速度を叩き出すが、諸事情(過去記事参照)により 現在SATA2.0で使用している。

OSをHDD→SSDに入れ換えた効果は十分に体感できた。
また、他にSSDは非常に静かなため、PCの起動時の騒音がほぼ無くなったという点も大きい。

現在SSDは値下がりを続けており、このSSDは60GB、7000円弱で購入したが、現在は6000円弱まで値下がりしている模様。
AKIBA PC Hotline!:SSDがさらに値下がり

SSDを導入するとなると寿命と価格がネックになるが、 寿命はHDDとさほど変わらないと言う話もあるし、価格もこれだけ落ちてきているので試してみる価値はあると思う。
尚、やはり寿命は気になるので、頻繁に書き換えが行われる /home や /var はHDD上に構成してある。

今後、OS部分はSSD、データ部分はHDDという使用方法が一般的になっていきそうな感じだ。
スポンサーサイト
【2012/06/06 14:55 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ST1100R ソフトアップデート | ホーム | S2000 vs BRZ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/257-2c224178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。