スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
走り納め in 風張林道
よく一緒に走っているメンバーに「いつもの奥多摩で今年の走り納めしない?」みたいな感じに誘われたので2つ返事でOKと返しました。

まぁ実は私の走り納めは既に先月済んでいる(もてぎ7耐の後は乗る気ゼロだった…)のですが、そのあたりは気にしない気にしない。
それより皆がまだ走ってた事が驚きでした。

そんなこんなで土曜の朝から風張峠に登りに行きました。
当初予定では役場前から都民の森→風張頂上という予定だったのですが、 集まった時点で一人が「そういえば風張林道って行った事あります?」とボソッとつぶやきました。
集まったメンバー5人共に行った事が無い上、まさに「激坂」だという噂だけは聞いていたので 折角だから…と何故か林道に向かうことに。
今日は適当に登って帰ろうと思ってたのになぁ…

尚、この日のメンバーはたまたま全員「乗鞍でチャンピオンクラスに出場できるかできないか」というくらいのレベルだったので 多少の坂なら大丈夫だろうというのが決め手。

そして噂の風張林道へ…
今回、皆初めての道だったので、道がわからない…
基本的に川沿いに直進すれば正解だったのですが、右側は坂、左側は「この先ちゃんと続いてるの?」というような道だったので「激坂という噂だから傾斜がきつい方に行けば間違いないだろう」と右側を選択したのが間違いでした。

暫く登ると見事に行き止まり。 個人的にはこの登りで満足だったりもしましたが、引き返して川沿いの道に戻って直進。
無駄に足使っちゃったなぁ… 尚、今回はいつもの道を登るつもりだったのでカメラを持って来てませんでした…残念。

さてさて、そんなこんなで登り始めるわけですが、最初暫くはゆるやかな傾斜が続いていました。
そして突然右手に急な傾斜が見えます…どうやらここからが本番の模様。
体感では確かに普段登っている風張峠への道よりきついですが、そんなに無茶苦茶キツイというわけではない…と たかをくくっていました。この時までは…

後で知ったのですが「平均斜度13%」らしいです。何が恐ろしいかって、「平均」が13%ですよ?
実際、この林道より傾斜がキツイ所を登った事も幾度かありますが、それでもほんの数分で傾斜が緩やかになります。
しかしここは「平均」が13%。
いつまでたっても楽になりません…

あのカーブの先はゆるやかに違いない!!と根拠の無い希望を持ったりしますが、見事全て打ち砕かれました…
長い。本当に長い。
1ヵ月以上トレーニングをサボっていた私には無理な傾斜でした。
途中一度心折れて足をつきましたが、困った事に傾斜がきつくて再スタートできない!!

結局はなんとかかんとか再スタートを切ったのですが、本気でキツかったです。
もちろん私は最後尾。きのこセンター前で前を走っていたメンバーが待ってくれていたのでなんとかそこで合流。
その後は多少傾斜も緩やかになったのか、キツいものの足をつく程ではありませんでしたが、 「そろそろ頂上じゃ?」というような雰囲気になるも裏切られるという感じを何度も受け、「こんな所もう登りたくない」と心の底から思いましたよ。

現在、だいぶ体がなまっているせいか赤城のヒルクライムより辛かった気がします。あれもあれでキツいのですが。

やっぱりトレーニングしてないと39x25で走破するのは厳しいですね。
八ヶ岳に向けてそろそろ本気でトレーニング始めないと駄目な気がしてきました
というか、トレーニングしていようがしていまいが26のスプロケが欲しいです(涙


ちなみに…今回やたら元気に登っていた1人は34x27で登っていたらしいです。
ううむ…コンパクトクランクの上にリアが27って…ずるい
スポンサーサイト
【2009/12/21 02:24 】 | 自転車 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<冬装備 | ホーム | 新型インフルエンザ蔓延中?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/193-c12c7135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。