スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
新型インフルエンザ蔓延中?
見事に流行にのっかってしまいました。
新型インフルエンザに感染…ちなみに感染発覚までの経緯は下記のような感じでした。

ある日の21時頃、そろそろ風呂に入ろうかと思っているとなんだか体のだるさを感じる。
よく高熱を出す体質なので、「38度くらい熱がありそうだなー」と思って体温を測ると38.5度を確認。
そういえば今日の夕方くらいから咳が出てたな…ということで咳+急な発熱=もしかしてインフルエンザでは?と推測。
風呂に入るのは止めてそのまま就寝。
就寝中は高熱時にありがちな寝苦しさを感じながらかなり浅い眠りを繰り返す。
目が醒めた時にたまに体温を測っているとどうやら39度付近まで上昇していた模様。途中から体温を測る気力もなかったので、39度を越えていた可能性もあり。

朝、いつもより1時間以上早く目が醒め、体温を測ると38.5度。
とりあえず病院に行ってインフルエンザかどうか確定させてくるかなーと思いつつ情報をインターネットで収拾
検査は現在簡易検査キットを使用する方法が一般的らしく、それはどうやら発熱直後に行くよりは発熱後12時間以上経過していた方が正確に診断できるそう(発症後12時間以内に検査を実施しても検知できない可能性がある)なので10時過ぎ頃に病院に行こうと計画。

インフルエンザにかかっているかもしれない人間がいきなり病院に行っても周りの人の迷惑だろうといことで、とりあえず病院に電話連絡して確認を取った後病院へ。

事前に「なかなかインフル検査をしてくれない医師もいるらしい」という情報を見ていたので医師に「インフルエンザかどうかの検査をしたい」と明確に伝え、現在までの症状を連絡すると「それでは簡易キットで検査しましょう」という話になった。

検査方法は長い棉棒みたいなものを鼻の奥に挿入し、検体を取得したあと検査キットで検定するというもの。
「結構奥の方に入るから驚いて手を鼻に近付けたりすると危ないので気を付けて下さいね」と前置きがあって長い棉棒を鼻の奥に挿入。
「こんなに奥まで入れて大丈夫なの??」と不安になるくらい奥まで突っ込まれ、さらに検体を取るためにグリグリと動かされる。
結構痛い…涙が出て来た…

「10分くらいで結果が出るので待合室でお待ち下さい」との事なので待合室で何故か料理雑誌を見ながら待つ。
10~15分くらいで呼び出され、結果報告を受ける。

「多分新型ですね。結果はA型ですけれども現在のA型は9割以上新型なので新型だと思われます。正確にはもう少し詳細な確認をしないと確定はできないですけれども、今はほとんどそこまでの確認はしていません」

結果と今後の治療方法、外出禁止などの説明を受け病院をあとにする。
帰りに途中の薬局で処方せんに応じた薬を受取り帰宅。例の「タミフル」も勿論頂きました。

とここまでが発症の経緯ですね。

ちなみに翌日夕方前には既に平熱まで熱は下がりました。
重要な事ですが、タミフルは「発症後48時間以内」に摂取すると効果が高いらしいです。
事前にその情報を得ていたので、今回発症後24時間以内に摂取したことが回復が早い要因の一つではないかと思っています。

まぁそこから更に1日経過してもまだ喉の痛みと頭の重さは完治していませんが…

体はほぼ元気になったのに「平熱に戻っても2~3日はウイルスをバラ撒くので外出は控えるように」という医師の言もあり予定していた飲み会に参加できなかったのが残念で、残念で残念でたまりません…
スポンサーサイト
【2009/12/12 22:11 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<走り納め in 風張林道 | ホーム | 街乗りを楽しむならミニベロ?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/189-46408f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。