スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
オフロード
先週末、ふと「一緒にオフロード走りに行かない?マウンテンバイクはこっちで準備するから」と誘われたので 折角だからと走りに行く事にしてみました。

今までずっとロードレーサーには乗ってたけど、まともにマウンテンバイクに乗った事って無いんすね。
全く無いというわけではなく、まぁ人から整備頼まれたマウンテンを仕上げて試走するくらい?

今回は不整地を走るということでマウンテンバイクのマウンテンバイクらしさが体験できるだろうと前日から結構テンションあがってたりしました。

さて当日、用意されたのはMTBのフレーム、ブロックタイヤにドロップハンドルが付いたちょっと不思議な感じの自転車。
貸してくれた人曰く「オフシーズンのトレーニング用に作ってみた」という自転車でした。
確かにこれならいつもと同じようなポジションで不整地も走れるのかも?

ちなみに本人は「マウンテンバイク」って感じの自転車で現れました。

さて、まずはコースまで自走。
確か15kmくらいしか離れていないので大した距離でもない

そしてコースに入ると…
凄い。自転車ってこんな所も走れるんだ!!と驚き。
基本的に泥か落葉で覆われた道ばかりだったので最初ロードレーサーに乗ってるイメージでかなりおっかなびっくり走っていたけれどもそんなに気にしなくても「滑べる」というような感覚にはならず、「ブロックタイヤってすげーな」と感動してました。

借りた自転車はポジションがちょっとあっていなかったので(トップチューブが長いのでハンドルがかなり遠く感じた)傾斜がちょっときつくなると途端に前のめりになって、最初怖くて仕方無かったけれども途中でハンドル高さを変えたりすると若干マシな感じに。

そんなこんなでひとしきり走った後休憩してると「試しにこっちのMTBに乗ってみる?」との事だったので「是非!!」と借りて乗ってみました。


感想。本当に凄い。
マウンテンバイクってやっぱりこういう場所を走るためのものなんだなぁというのをかなり感じました。
まず何より安定感が段違い。

先程まで乗っていた自転車でもロードレーサーに比べると安定感があったのですが、やはり前後サスペンション付きのMTBはモノが違う!!

先程走ったのと同じコースを走ってみましたが、気づいたら下りは先程よりかなり速度を出してました。
まぁ登りは遅かったですけど。

先程の自転車の方がポジションの関係で地面と顔の距離がこのMTBより近く、結構顔に泥がついていました。 なので「こっちのMTBに乗り換えるとあんまり顔が汚れないよ」と借りる時に聞いてたのですが、 先程のよりも車速が出ているので汚れる量はほとんど変わりませんでした…

いやーそれにしても不整地を走るのがまさかこんなに面白いとは。
MTBが一台欲しくて仕方無くなって来ました。
また走りに行きたいなぁ…
スポンサーサイト
【2009/12/11 00:23 】 | 自転車 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<街乗りを楽しむならミニベロ? | ホーム | Linux での動画再生支援>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/187-f1fc3803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。