スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
linux と RADEON と FlashPlayer
どうやら以前の私と同じ症状で困っている人が居るようですので追記します。

症状:FlashPlayerを最新版にした途端、動画再生時にコマ落ちが発生するようになった。

以前の記事

環境
OS:Linux (kernel 2.6.24.2)
VGA:ATI RADEON X1200(AMD 690V内蔵)
Driver:Cataryst 8.4(fglrx)
FlashPlayer:9.0.21.55


この状態では特にコマ落ちも無くFlash動画を再生可能。
次にFlashPlayerを最新のものにバージョンアップ。

OS:Linux (kernel 2.6.24.2)
VGA:ATI RADEON X1200(AMD 690V内蔵)
Driver:Cataryst 8.4(fglrx)
FlashPlayer:9.0.124.0


コマ落ちが激しく、まともな表示は不可能

ここから、最新のFlashPlayerが問題ではないかと推定。

次にOSをWindows2000に切替え確認。

OS:Windows2000-SP3
VGA:ATI RADEON X1200(AMD 690V内蔵)
Driver:Cataryst 8.4
FlashPlayer:9.0.124.0


9.0.115以降のバージョンでもコマ落ち無く再生可能。

と言う事で、PCスペックが低くてコマ落ちしているわけでも無さそう。

念のためFlashPlayerについて確認すると、9.0.115以降、対応するコーデックが増えているとのこと。
このH.264対応の為、最新のFlashPlayerはH.264で再生可能な動画の場合、処理が重くなっていると推定。
ただし、その場合でもWindows2000側では問題が無い。


よって、「Linux側のドライバの性能がよくないのでは?」と推定。

そもそも海外のサイト等を見て回っても、Linux用のATIのドライバはあまり評判がよろしく無い。
そこで、nVIDIAのGeForce8400GSを購入し、比較。

OS:Linux (kernel 2.6.24.2)
VGA:nVIDIA GeForce8400GS
Driver:nvidia 173.08
FlashPlayer:9.0.124.0


ちなみにベンチマーク結果を見る限り、GeForce8400GSとX1200では8400GSの方が高性能であるが、その性能に大きな差は無い。

結果、予想以上にサクサク動きます。
(fgl_glxgearsの値が3倍くらいになりました)

ということで、結局は 「fglrxがダメだった…」 という結論に至りました。

今後、fglrxが改善されていけば、そのうち問題なくなるのでしょうが、そんなには待っていられない…と言う方はとりあえずnVIDIAに乗り換えてしまうのも手かと思います。
スポンサーサイト
【2008/05/17 19:51 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<落車。 | ホーム | SHOCK DOCTOR>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/117-573a17f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。