スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
EyeSight と SIクルーズ
先日SUBARUから発表された EyeSight。
それまでのクルーズコントロールとは一線を画すシステムのようですが、一体何が違うのでしょう?

SUBARU HP:EyeSightスペシャルコンテンツ

スバルのクルーズコントロールシステムをまとめると、大きく3つに分けられると思います。



一つは普通のクルーズコントロール。

SIクルーズでもEyeSightでもない普通のクルーズコントロールシステムで、その機能は「車速を一定に保つこと」です。
もちろん、前の車が近付いても減速しないので、自分でブレーキを踏んで速度を落す必要があります。


一つはSIレーダークルーズ。

1年半前くらいに搭載し始めたクルーズコントロールシステムで、ミリ波レーダーを使用し、前走車との車間を検出しています。
なので、車間が近付けば勝手に減速するし、あいたら設定した速度まで加速するという「これこそクルーズコントロール」というようなシステムです。

余談ですが、ミリ波レーダーを使用しているので、雪国などで、目の前が真っ白になっている状態でも結構使用できるらしいです。
実際そんな状態で使うと無茶苦茶怖そうですが…


そして最後がEyeSight(アイ サイト)。

元はADA(Active Driving Assist)と呼んでいたものの進化版。
ステレオカメラ(2つのカメラ)を用いて前走車や白線を認識し、SIレーダークルーズのように前走車を追従したり、ふらつき警告を行ったり、衝突しそうになると自動的にブレーキをかけたり、前に障害物がある状態では極端にアクセルを開けないようになっていたりとSIクルーズを更に多機能にした感じのシステム。
ちなみに昔の物はステレオカメラ+レーダーを使用していました。
最新のものはステレオカメラのみなので、以前に比べて値段も安くなっているようです。


尚、現行車種では、レガシィにのみEyeSightとSIレーダークルーズが採用されているようです。


EyeSightを体験された方々の評判は上々のようです。
ディーラーによっては、EyeSightのプリクラッシュセーフティ機能を体験できるらしいので、興味のある方は乗ってみると面白いかもしれません。
スポンサーサイト
【2008/05/13 23:57 】 | 車とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<最高(値)のスバル車!! | ホーム | エンジンの評価>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/114-14bbb296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。