スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
エンジンの評価
英国のエンジン技術専門誌による2008年のベストエンジンとも言える「International Engine of the Year」が発表されています。

International Engine of the Year

これは世の中の素晴らしいエンジンを表彰しようというものなので、今年(2008年)のベストエンジンは「BMW 2.0L ディーゼルツインターボエンジン」でした。
ちなみに、2位もBMWなのですが、3位にスバルの2.0L水平対向ディーゼルターボエンジンが、5位に日産の3.8L ツインターボエンジン(GT-R)が入賞しています。

頑張れ、日本!!

尚、最も環境に優しい Green Engine 部門では、トヨタの1.5L ハイブリッドエンジン(プリウス)が選ばれています。

その他のカテゴリでは以下のエンジンが1位をとっています。

1L未満:トヨタ 1.0L 直3(ヴィッツ)
1.0~1.4L:VW 1.4L TSI
1.4~1.6L:BMW-PSA 1.6L Turbo
1.8L~2.0L:VW/Audi 2.0L Turbo FSI
2.0L~2.5L:スバル 2.5L Turbo
2.5L~3.0L:BMW 3.0L Twin Turbo
3.0L~4.0L:BMW 4.0L V8
4.0L~:BMW 5.0L V10

こうやってみるとBMWが強いですね。
この中で実は日本のエンジンも結構善戦しています。
1位こそとれなかったものの、例えば
1.4L~1.8Lの部門では、3位トヨタ(1.5Lハイブリッド)、5位トヨタ(1.8L VVTL-i)
1.8L~2.0Lの部門では、3位スバル(2.0Lディーゼルターボ)、4位三菱(2.0L 直4ターボ)、5位ホンダ(2.0L 直4 i-VTEC)など、実は上位5エンジン中には結構な割合で日本車のエンジンが入っていたりします。

排気量が大きくなっていくと、どうしても他車に負けてしまうようですが…まぁそりゃフェラーリやポルシェのエンジンと比べられてもどうしようも無いと思うわけです。

それでもやはりその分野でも勝って欲しいとは願いますけど。


やはり日本製のエンジンは素晴らしい…ということで。

今後欧州や国内で勝ち残る為にはもちろんもっともっと切磋琢磨していく必要があるかと思います。

この調子で日本ガンバレ!!
スポンサーサイト
【2008/05/12 00:49 】 | 車とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<EyeSight と SIクルーズ | ホーム | スズキ vs ダイハツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/112-991c2625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。