スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
EyeSight
EyeSightとは、スバルが開発、発売する車両搭載型のステレオカメラシステムです。

昔、一時期ADAという名前で発売していたものの進化版と捉えることができそうです。

EyeSight



EyeSightの機能とは…

まずはクルーズコントロール機能。

通常のクルーズコントロール機能では、車速を一定に保つだけなので、高速などで実際に使用してみると意外に前の車との車間がつまってしまったり、逆に開きすぎたりして、こまめに操作する必要があったりします。

それに比べEyeSightとかSIクルーズのクルーズコントロール機能は前の車との車間が詰まったら車速を若干落し、逆に開くと車速を設定車速まで上げる…と言った追従走行を行う事ができるので、長距離をぼーっと走るときには便利です。

次に車線逸脱警告機能。
疲れた状態で長距離移動などを行うと、ふらふらとした運転をしがちです。
EyeSightでは道路の白線を認識し、ふらふらした運転をしていると警告音がなります。
間違ってはいけないのは、「ふらついたら警告してくれる=危険な状態になる前に警告がある」というわけではなく、「警告が鳴った時点ですでに危険な状態である」ということだと思います。
「またふらついたら音が鳴るハズなのでこのまま走ろう」ではなく「いつのまにかふらついてたんだ…ちょっと休憩しよう」というのが正しい姿かと。

そしてここからがいわゆる「アクティブセーフティ」部分。
走行中に前走車が急停止して追突しそうになったとき、自動的にブレーキを踏み、衝突の衝撃を和らげます。

また、目の前に障害物がある状態で一杯アクセルを踏み込んでも走行できません。
これはよくAT車である「アクセルとブレーキの踏み間違い」に効果が大きそうです。
駐車場などで踏み間違っても壁に当たる前に止まる…もしくは当たったとしても衝撃は小さくなる…ということです。

これらの先進的な機能が約20万円で提供されるようです。
先日、めざましテレビか何かで最近増えているアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐ後付の機械を紹介していましたが、その価格も確か20万円だったと思います。
それ以外にクルーズコントロール機能や、各種警告機能がついてこの価格なので、結構「買い」なのでは?と思っています。

確か、前回SIクルーズが20万円程度(今回15万円くらい?)だったかと思うので、ちょっとよさげなクルーズコントロール機能をつけるつもりでEyeSightをつけてみると「お、以外に便利だ」という話になるのかもしれません。

全ての車にこのような機能が搭載されるようになれば、交通事故もかなり減るのでしょうね。
ま、正直そうなると運転者自体のスキルも段々下がって来るわけで、今度は別な事故が増えそうな気もしますけど。
(ATが開発されていなければ、今程交通事故は起きていないのでは?と思います…)
スポンサーサイト
【2008/05/09 23:58 】 | 車とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<メガマックと朝マック | ホーム | SUBARU 50周年記念車>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/109-73cdbe0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。