スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ターボ車と燃費
最近ガソリンが本当に高くなっています。
先程見かけたスタンドでは、ハイオクは軒並170円/Lを越えていました…

洒落になっていないですね。

ガソリンがここまで高くなると(まぁ安くてもそうなのですが…)車の購入を考える際、少しでも燃費のいい車を選びたくなります。

ではどんな車が燃費が良いのか?
一番は「電気自動車」か「燃料電池車」などだと思いますが、今回は市販されていないモノは除く方向で考えると、やっぱり「ハイブリッド車」だと思います。

トヨタのプリウスなんて燃費の良い車の代名詞かと思います。

では次は?
次は「軽自動車」かと。
軽自動車は車自体が軽い上、エンジンの排気量も小さいので小型車(普通車)に比べ燃費がよくなります。

そして段々排気量が大きくなると、燃費は悪化していきます。
これは排気量が大きくなると、摩擦抵抗などのエネルギーのロス(フリクションロス)が増えたり、エンジンを停止させない為に必要な最低限度の燃料(=アイドル時の燃料)が増えたりするのが理由です。

ちなみに、ディーゼルエンジンでも同様に排気量が大きくなると燃費は悪化して行きますが、一般に同じ排気量で比較するとガソリンエンジンよりディーゼルエンジンの方が燃費が良いです。


というわけで、普通の車(今回の話ではハイブリッドも除きます)に乗るなら軽自動車が一番良いということになりますが、一般に排気量が小さい程、発生する力(トルク)が小さいので、加速性能が悪かったり、高速で走行する時にエンジンを高回転まで回す必要があるため、五月蝿く感じるという欠点もあります。

結局、燃費を取るなら排気量が小さい車、快適さを取るなら排気量が大きい車という事になるかと。


しかし、やはり「燃費が良く、快適な車」が欲しいと思うのは人の常です。
ここでようやく出て来るのが「ターボエンジン」となります。

長くなってきたので、続きは次回に。
スポンサーサイト
【2008/05/04 15:10 】 | 車とか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ターボ車と燃費(2) | ホーム | Intel vs AMD>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hogehogehoge.blog35.fc2.com/tb.php/104-b9f12f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。