スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ヒルクライム
自転車に乗っていて嫌なものが2つ。

一つは「強風」
これは今でも好きになれません。
追い風ならいいけれども、向かい風はキツい上に緩急も読めない。
緩やかになって踏み込んだ瞬間に強風が吹いたりすると心が折れそうになる…
横風はいきなり吹いて車体がふらついたりして非常に怖いなどなど…


もう一つは「坂」
上りは…
なんでこんなに必死に漕いでいるんだろう?
俺は何がしたいんだろう?
なんでここに居るんだろう?
漕いでも漕いでも進まない…
車速10km/h以下ってナニ?
等々色々とネガティブな思いが浮かんでどうしようもありません。

下りは緩やかな下りは大好き。非常に楽チン
しかし急激な下りは…
ブレーキ握りすぎて握力無くなるし
腕に荷重がかかって腕が痛いし
車速出てるから地面のギャップ(橋の継目とか)踏むとショックがデカいし…
昔は下り大好きだったけど、急激な長い下りを知ると手放しで好きとは言えなくなってしまいました。
続きを読む


スポンサーサイト
【2009/07/12 23:03 】 | 自転車 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。