スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
cannaの設定
設定でちょっとはまったので備忘録がわりに。

日本語変換にcanna + kinput2 を使用していて、今回cannaを3.7p3-13にアップグレードしたところ、日本語変換できなくなった。
% cannacheck -v
を実行し、調べると gcannaf と gcanna がマウント出来ないと出る。
結構時間がかかったけれど、以下の対応方法で解決できた。

/etc/canna/dics.dir.d/00canna.dics.dir に以下の内容を追記
gcanna.cbd(gcanna.mwd) -gcanna---
gcanna.cld(gcanna.mwd) -gcanna---
gcannaf.ctd(.swd) -gcannaf---

% update-canna-dics_dir
% /etc/init.d/canna restart

結果からすると、 /var/lib/canna/dic/canna/dics.dir に記載が足りなかったのだが、このファイルは /etc/canna/dics.dir.d/00canna.dics.dir から自動生成されているので、直接編集してはならない。
で、元ファイルを修正し、 dics.dir に反映させて canna を再起動したら無事日本語変換できるようになった。

ソースからビルドしてインストールしてた頃に比べると、現在は格段に楽になってはいるけれど、やっぱりこんな感じにひっかかったりはするんだよなぁ…
スポンサーサイト
【2014/06/26 00:52 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
WiMAX の環境を改善してみる
WiMAXを導入してもうすぐ半年。
そこそこ便利なのは十分わかったけれども、できればもう少し速度が出て欲しいところ。


ここ(速度.jp)で速度を計測すると、大体下りで2〜5Mbps、上りで2〜4Mbpsくらいの速度。
普段使っている分にはあまり気にならないけれど、同時に幾つかのページを開こうとしたりとか、大きめの画像が多用されているページだと読み込みが遅いと感じる。
置き場所を変えることで多少改善したけれど、もう少しどうにかならないか?と思ったら、そういえばMTUの修正をするのを忘れて居た事に気づいた。
MTUについての詳しいことは他のサイトを見てもらえればわかるので書かないけれど、 簡単に言うと、「一度に送信可能なデータの最大量」についての設定。

デフォルトだと、大体1500という値になっていて、LAN接続している場合は大抵それで良いけど、WiMAXやPPPoE接続なんてのを使ってると、一度に送信できるデータ量が制限されている可能性が高い。
そこに無理やり1500ものデータを送ろうとすると、一度に送れず、分割して送る必要が出てくるわけで、そのあたりで通信速度が低下している可能性がある。

いろいろググると、WiMAXのMTU値は1400が妥当との情報を得たけれども、一応自分でもpingを使って確認し、確かに1400がBESTだと確認した。
で、早速MTUを1400に変更して先程のテストを行ったところ、下りで4〜19Mbps、上りで 3〜6Mbpsという値になった。
まぁ大体 下り7Mbps、上り 4Mbpsくらいで、結構振れ幅が大きい感じ。
とりあえず、対策前に比べ、下りで1.5〜2倍近い値になったので満足。
振れ幅が大きいのは電波状況が悪いからかな?と思うので、後日お手製でリフレクタを作成予定。
コンスタントに10Mbpsも出てくれれば大満足。

MTUの設定なんて、コストゼロでできるので、まだ試していない人は試してみる価値アリですよ。
【2013/10/11 02:27 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
WiMAXは固定回線の代わりになるか?
WiMAXに加入して4ヶ月以上経ちました。

「WiMAXは固定回線の代わりになるか?」と色々な所で論争が起きているようですが、少なくとも私の環境では「なんとか代わりになっている」感じです。

普段使用している時の速度が下りで3〜7Mbps、平均で3.5Mbpsくらいです。
別にオンラインゲームをするわけでも無いので、通常の動画視聴やネットサーフィン程度では特に不便を感じません。
まぁ、たまに同時にいくつものサイトを開いたりした際に読込が遅いな〜と思う事はありますが。

元々、外出時にWiMAX、自宅では光回線を考えていたのですが、これくらい普通に使えると、光回線を契約する必要が無くなってしまいました。
但し、固定回線の代わりになるかは、かなり環境に左右されるので、WiMAX一本に絞ろうと思っている人は、事前に「Try WiMAX」でレンタルして確認した方が良いです。

私の場合、以前の住居だと圏外〜アンテナ1本を行き来していて正直実用には耐えませんでした。
今の住居では幸いな事に、ほぼ常時アンテナが5本立っています。

ちなみに、既にWiMAXを使用していて速度が出ないという方は、ルータの置き場所を変えると良いかもしれません。
うちの場合、置き場所を50cm程度左にズラしたら、速度が1〜4Mbps程向上しました。
置き場所はかなり重要ですね。

そういえば、以前光回線を引いていた時は、70Mbps程度の速度(下り)が出ていましたが、今の2〜7Mbpsでもあまり不便は感じていません。
オンラインゲームやらないなら、10Mbpsも出れば十分なんだなぁ…
【2013/10/03 00:48 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Aterm WM3800R
そういえば、もう3ヵ月近くWiMAXを使用してます。
最初は貰ったiPhoneのWi-Fi接続用にとTry WiMAX で借りてみたら中々調子が良く、結局加入してしまいました。

加入時、最新機種で選択できたのは URoad-Aero か Aterm WM3800R の2択。

スペック的には URoad-Aero が連続稼働10時間。WM3800Rが8時間とURoad-Aeroがちょっと良く、また自分でバッテリ交換可能。対してWM3800Rはスマホから休止→起動→休止とリモートで操作できる(URoad-Aeroは休止のみでリモート起動できない)。

どちらにしようか悩みましたが、TryWiMAXでレンタルした機器も URoad (SS10)だったので URoad に決めようかと思っていた所、URoadは韓国製だと言う事を知り、国産のWM3800Rに決めました。

結果、この選択は間違ってなかったと思います。
以下、メリットとデメリット。
続きを読む


【2013/08/29 01:00 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Logicool M570 導入!!
とある件でマウスの数が足りなくなって、さてどのマウスを買おうかな?と思った時に以前より気になっていたトラックボールを買ってみる事にしました。

購入したのは ロジクール の M570 という商品。

正直、トラックボールなんて今まで数回程度しか使用した事が無く、「どれにしようか?」と結構悩みましたが、 評判も良く、値段もお手ごろ(購入価格:3000円未満)だったのでこれに決めました。

今まで「マウスはMicrosoft!!」と思っていましたが、たまには他メーカーのも試してみるかな?というのも理由の一つ。
続きを読む


【2013/02/09 23:39 】 | コンピュータ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。